So-net無料ブログ作成

T-Kernelはプログラミングの憂鬱を和らげる事ができるのか?。 [書籍ITRON本]

引き続きTRONSHOWの話題ですが、
H8/Tinyを使ったデータロガーのプログラムを書いていて、始めの数日はマイコンとマイコンの周辺機能とのインタフェースを作成し、現在はUIを書いています。

もう、肝心の計測機能をそっちのけで、3日も、4日もUIばっかり。いい加減UIには飽きましたよ。
※それでもITRONをベースにしているので、若干楽なんですけどね。

T-Kernelなら、標準的な入出力のハードウエアを固定化して、共通ライブラリをIDEかなんかで、ペタ!っとか、ポトっとか、楽できるんですかねぇ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。