SSブログ

TDK-Lamda製DC/DC電源 RDS50-11-5の中身 [電子工作]

TDK-Lamda製DC/DC電源 RDS50-11-5がノイズ試験で飛んだ!らしいので、折角なので中身を見てみた。

RDS50-11-5の製品ページ
https://product.tdk.com/ja/search/power/switching-power/dc-dc-converter/info?part_no=RDS50-110-5

2019-12-12 10.08.08.jpg一番右のシリコンが付いているモジュールは、同期スイッチのモジュールか?そこそこ大きなヒートシンクが付いていた。
あちこちに貫通ビアを使って、パターンの強化を行っている。
端子台右となりの青いのはヒューズ。DC450V 3.15A仕様。
青いヒューズの下はバリスター。
基板中央と右下のノーマルモードノイズ用のフイルムコンデンサは、ポリミイドテープで結構がっちり保護されている。何対策?
コモンモード用の磁器コンデンサは、入力端子台直後と、スイッチングモジュール直前、スイッチングモジュール直後に入っている。
スイッチングモジュールの左隣の白いのは温度ヒューズだと思う。
温度ヒューズの左隣はコモンモードノイズフィルター。コモンモードノイズフィルターの二次側に逆接防止用のダイオードが入っている。
温度ヒューズの下はFET、おそらく何かあった時に電源を切るのだと思う。
コモンモードノイズフィルターの上のトランスは、フィードバック回路用の電源を作るためのもの。
トランスの左隣は出力センス回路の入力フィルターの様だ。


2019-12-12 10.08.43.jpg半田面側はこんな感じ。右側がスイッチング回路。黄土色はフィードバック用のフォトカプラ。
部品面、半田面共にコーティングがされている。基板上の貫通している穴はすべてマスキングしてコーティングの液体が流れないようにした形跡有り。


2019-12-12 10.13.24.jpgこんな端子台有るんだ!特注?
基板の下側のシャーシは、全面的にマイラフィルムを貼っている。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。