So-net無料ブログ作成

「テレビ機能付きホームタブレット AQUOSファミレド」お試し体験モニターはじめてみた [AQUOSファミレド]

Img_3266.jpg

シャープさんからなんか来た!
まぁなんかもなにも、AQUOSのテレビ機能付きタブレットなんですが、一月と半位の期間のこれのモニター募集に応募したら、なんと当選してしまいました。
そこで早速開梱しています。
Img_3265.jpg

宅配便でこんな感じで送られて来て、ビニールは鬱陶しいので外して、
Img_3267.jpg

中身はタブレット本体、有線・無線LANに接続するテレビチューナー、それにACアダプターと若干のケーブル類、取り扱い説明書が入っていました。

ざっと設定に付いて説明します。
1.家庭内ネットワーク設定
テレビチューナーのネットワーク設定は、家庭内にすでに無線LAN環境が敷設されているなら、有線LANでそのネットワークに参加します。
もし無線LAN環境が存在しないなら、このテレビチューナー自身がアクセスポイントとなり、映像を無線LAN経由で配信する事となります。

タブレットは無線LANで既設のアクセスポイントかテレビチューナーに接続する事となります。アクセスポイントをスキャンしてマニュアルで接続以外に、WPSが使えるのでネットワーク設定が苦手な人はWPSでやった方が良いでしょう。

無線帯域は2.4G以外に5Gも使えます。ここは当然5Gでしょう。2.4Gはもういっぱいいっぱいで、、、




2.タブレット
タブレットは完全にAndroidタブレットです。なのでAndroidに”慣れた”人なら設定や扱いはなんら問題無いでしょう。テレビ専用のアプリが既にインストールされていますので、そのアプリを起動する事でテレビを視聴できます。

3.テレビチューナー
テレビチューナーは地デジ以外にBSとCSのチューナーが入っており、また映像は有線または無線LANで送信する事となります。
うちの場合は既に無線LANが敷設されているのでテレビチューナーは有線LAN接続とし、アンテナケーブルとLANケーブルを接続し、電源を入れればテレビチューナーの設定は終了です。DHCPクライアントとなっているので、特にネットワーク設定を自力でする必要はありません。

既存の無線LAN環境が存在しないなら、アンテナケーブルと電源の接続だけになります。

BS、CSを視聴するにあたって、もし地デジの信号とBS・CSの信号が別のアンテナから供給されているなら、市販の混合器を用意してこの2つの信号を一緒にした上でテレビチューナーのアンテナ接続口に接続します。
こんな奴

DXアンテナ CS/BS-IF+CATV/UHF混合器 箱入 MC0002C

DXアンテナ CS/BS-IF+CATV/UHF混合器 箱入 MC0002C

  • 出版社/メーカー: DXアンテナ
  • メディア: エレクトロニクス


集合住宅など既に2つの信号が混合されている場合は、そのまま接続可能です。

4.ハードディスク接続
テレビチューナーに市販の外付けハードディスク(説明書では2Tバイト以下)を接続する事で、録画・再生機能を実現できます。とは言えハードディスクを用意していないので、後程用意して試して見たいと思います。

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 2.0TB HDC-LA2.0

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 2.0TB HDC-LA2.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers



5.その他ネットワーク機器との連携
DTCP-IPに対応した何かがネットワークに存在すれば、その機器にタブレットからアクセスして視聴ができる様ですが、ちょっと試せる環境が無い。お家のAQUOSに接続できるのかな?

シャープ 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー AQUOS BD-W580

シャープ 500GB 2チューナー ブルーレイレコーダー AQUOS BD-W580

  • 出版社/メーカー: シャープ
  • メディア: エレクトロニクス



6.テレビを映そう
テレビチューナー側が起動している状態でタブレットの電源を投入すると、簡単なセットアップが始まります。この設定の中で無線LANのアクセスポイントへの接続があります。しかしうちはMACアドレスフィルタリングを行っているのでこの段階では無線LANのセットアップができません。スキップして、後程Androidの設定アプリからそれを行います。
その他Googleアカウントの設定も行うのですが、これ、返却する時どうすんだろう?

上記設定が完了したらAQUOSランチャーからHOME画面を開き、テレビアプリを起動します。
テレビアプリ以外に番組表アプリと映像調整アプリが初期インストールされています。
テレビアプリを起動して画面上部を上から下にスワイプするとチャネルメニューが表示されますので、ここで見たいチャネルを選択するのですが、うちでは地デジが映りませんでした。BSやCSは映るのでアンテナケーブルの問題では無さそうです。よーく見ると地デジのチャネルが関西ローカルばかりで、、、あぁ、まぁ、シャープの本社は大阪ですからね(笑)。
神奈川ローカルに変更する為には画面左側を右にスワイプして出るメニューの一番下の設定メニューを開きます。更にその中のチューナー設定メニューを開くとチャンネルサーチを選べる様になり、
Screenshot_2015-10-17-01-00-31.png

チャンネルサーチが完了すれば、地デジも見れるようになります。
しかしこの件、簡易説明書には一切記述が無いのだけれど、それでイイのだろうか?

一日ちょっと使ってみた感想
1.家庭内チャネル戦争、一時停戦

2.テレビの実況に最高

3.でかい!重い!16インチ?ベッドに持ち込んでって感じじゃない。普段使いのNexus7の様なタブレットのイメージではない。

4.防水らしい。風呂場に持ち込んで使えるらしいけれど、でかいし、重いし、つるっと手を滑らせて落とす事を考えちゃって、まだそこまで勇気が出ていないが、いずれやってみよう。やってみたかったし。

5.画質は「標準、高画質、通信優先」の3つが選べるのだが、イマイチ違いが判らなかった。

6.音質は極普通のテレビだと思う。あまり拘らないので知らん。スピーカーは背面になる。

7.通常のテレビに比較して数秒、映像が遅れている。

8.もう少し視野角が広いと嬉しい。

9.バッテリーの持ちは、フル充電からテレビを点けっぱなしで4時間半くらい。

10.見かけ上の画面サイズはいくらでも大きくできる。70型だろうと100型だって可能。近くに置けばね!

シャープ 70V型 液晶テレビ AQUOS 4K NEXT LC-70XG35

シャープ 70V型 液晶テレビ AQUOS 4K NEXT LC-70XG35

  • 出版社/メーカー: シャープ
  • メディア: エレクトロニクス



11.画面右から左にスワイプすると番組情報や音声切替、字幕や画質設定ができます。画面全体を右や左にスワイプすれば、チャネルが変わります。ここは使い易いですね。

12.AQUOSの赤外線リモコンを受け付けて欲しい。

13.Androidのバージョンは4.4.4で腐ったロリポップじゃなくて良かったぁ。

14.ストレージ容量は全体で6Gバイト程度しか無くしょぼい。しかしSDカードは挿せるので、そこでなんとかできるかも。

15.なんかぐぐるプレイから早速アプリの更新が来ている。

16.電源ONが判り難い。感じとしては側面にあるちっさい電源ボタンを10秒くらいおして、画面のバックライトの僅かな変化で起動した事が判る感じ。電源OFFも2アクションで、それ必要か?

17.「下から見上げるモード」、「上から見下ろすモード」は頻繁に使うが、テレビアプリからは操作できない。調整アプリを別途起動する必要があるが、テレビアプリからできる様にして欲しい。

18.画面をミニ画面に設定して別のアプリを使いながらもテレビが見れるのは便利だが、このミニ画面にしていると時間が経過すると画面が落ちてしまうので、定期的に画面にタッチする必要がある。落とさない様にして欲しい。

19.テレビアプリを起動していると、画面キャプチャができない。これはしょうがないだろうね。

20.最大画面にしているとローテーションに対応しない。ミニ画面では対応。

21.AQUOSに接続している録画済みのハードディスクを持って来てテレビチューナーに接続したら、もしかしたらそのまま使える!とか思ったけれど、ダメだった。使う為には初期化しろと。
この辺、少なくとも同じシャープの製品間でハードディスクのフォーマットは統一して欲しい。

22.10インチくらいの奴を出して欲しい。

23.なぜ今更外付けハードディスクの容量が2Tバイトまでなのか?

24.テレビチューナーだけ販売、、、

25.色々とAndroidならではの制限問題が出て来てしまうが、勿論普段Androidを使っている人なら問題無いのだが、これを家電としてAndroidなんて使った事も無い様な人に販売したら、そのサポートは大丈夫なんだろうか?
作法に五月蠅いGoogle相手に製品作るのは大変かもしれないが、連中の考える家電のユーザーインタフェースが必ずしも適正とは思えないし、そこは家電メーカーとして譲れないとして独自のユーザーインタフェースにしても良かったんじゃないだろうか?

I-O DATA USB接続 家電対応 縦・横置き両対応 外付ハードディスク 3.0TB HDC-AE3.0K

I-O DATA USB接続 家電対応 縦・横置き両対応 外付ハードディスク 3.0TB HDC-AE3.0K

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: Personal Computers


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。