So-net無料ブログ作成

XBee解説本が出るらしいです。XBeeとフリスクサイズXBee/USBインタフェース基板付き #xbee [XBee]

xbee_book_cover.png



お待たせしましたです。と言うかすっごい待たせてしまってすいません。まだ編集中ですけど。

本書ではXBeeシリーズ2を中心に解説していますが、現実的にはシリーズ1のユーザーも多いし、
逆に対比の意味でもシリーズ1の解説を加えた方がよりシリーズ2を理解できる点から、シリーズ1の
操作方法などもそれなりに入っています。

勿論共に2.4GHzのISMバンドを使用した無線モジュールで、ブランド名もXBeeで統一されている事からも共通点が多く、シリーズ1のみ、またはシリーズ2のみのユーザーの方でも役に立つと思います。

DigiのUSサイトのナレッジベースを読んでみると、意外とみんな同じような事で躓くようで、トラブルシューティングのところも役立つと思いますよ。

ページもそれ程多くないですし、まあ、軽ーく読める本です。

なおページの都合でシリーズ1のATコマンドリファレンスがCD-ROMでの収録となってしまったようです。
それが残念ですが、CD-ROMのコンテンツも合わせてお読みください。

販売形態がややこしくて、シリーズ2 2mW版XBee2個とフリスクサイズXBee/USBインタフェース基板と解説書が入った物が予価10,500円?。解説書が無くてキットのみの物が予価8,400円?。解説書のみの物が予価2,100円?。らしいです。ややこしいですね。

既にXBee持っているとか、シリーズ1を使うぜ!って方は解説書のみがいいんではないでしょうか。
ただ、あのフリスクサイズXBee/USBインタフェース基板は良いです、あれ。
でも売り切れたらもう買えません(泣)。追加生産予定は無いです。購入予定の方はフリスク食べきって置いて下さい。

現在XBeeのメインストリームであるシリーズ2 ZBが搭載しているZigBeeプロトコルのバージョンはZigBee 2007仕様(PRO仕様とも呼ばれる)です。メーカーがZBと呼んでいる物は、このプロトコルスタックのバージョンが入った物です。

以前にはZNET2.5と言う古いプロトコルスタックがインストールされて販売されていましたが、ZNET2.5はすでにメーカーではサポートされていない様なので、もし古いXBeeシリーズ2を持っていてZNET2.5仕様が入っている場合は、ZBの最新のファームウエアに更新して置きます。
※ファームウエアの更新方法も掲載されています。


[XBee 2個+書込基板+解説書]キット付き 超お手軽無線モジュールXBee: すぐにつながる!どこまでも広がる! (トライアルシリーズ)

[XBee 2個+書込基板+解説書]キット付き 超お手軽無線モジュールXBee: すぐにつながる!どこまでも広がる! (トライアルシリーズ)

  • 作者: 濱原 和明 佐藤 尚一  ほか著
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • 発売日: 2012/02/27
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

DAI

こんばんは。ご無沙汰です。

まずは予約しました。後は、フリスクケースを手に入れること。

いじる時間が最近無くなっているのが気になるところですが。
by DAI (2012-02-14 23:54) 

kura

初めまして。hamayan さんお薦めの解説本を買ってみました。
特にST・SP・SNパラメータの図解が参考になりました!
これで wake と wake-up とが異なるものだと気が付きました。
例えるならば wake は「Windows 動作状態」であり、
wake-up は「Windows 起動中」のようなものだったのですね。

それにしてもメーカーのデータシートは解りにくいですね…。
母国語が英語の人でも、解りにくいと思います。
それに記載の不備も多くて、PWM の周期とか VrefL とか、
実測してみないと判らなかったり。

私は S1 にいきなり DigiMesh を入れて使っておりまして、
出来れば DigiMesh 専門の解説本もお願いしたい所です。
by kura (2012-12-15 17:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。