So-net無料ブログ作成

M5StackとMLX90640 [ESP32]

IoTLTで登壇を申し込みました。
https://iotlt.connpass.com/event/124544/?fbclid=IwAR20sd0yigJlk1trNuqP-CdMaMHmnPK10GJ8I9jpyvdpOI_juDaeaEmuHhY
m5stack_mlx90640_004.jpg表示させてみた。MLX90640はマルツで税込で6000円弱で購入可能。実際にはデジキにオーダーされる!


MLX90640のメリットは、FLIRと比較して安価で入手が容易な事、測定温度範囲が広い事。
デメリットはFLIRと比較して解像度がだいぶ低い事。
FLIRをデジキで買った時はたいへんだった。まずアメリカの輸出規制に引っ掛かるので、アメリカ政府に軍事目的じゃなく民間利用ですよ~って申請書類を書かねばならない。しかも実際に輸出されるまで長い事、長い事。忘れた頃に発送の通知が来る。たぶん今、アメリカ政府の機関が予算の関係で動いていないので、もっと時間掛かるに違いない!

kicadのプロジェクト(回路図込み)
https://1drv.ms/u/s!AgxfaDqma1yrhkzz561J0Jj7Bng5
と、とりあえずサーモグラフィー表示をするソースコード
https://1drv.ms/u/s!AgxfaDqma1yrhkzz561J0Jj7Bng5
部品表
https://1drv.ms/x/s!AgxfaDqma1yrhk3DE9TKJ_fgpOgd
を公開しました。
省電力でも使える?ように3.3Vと5V電源を操作できるようにしてあります。

MLX90640のライブラリはgitHubで公開しているライブラリを利用しています!(ソースの先頭にライセンスを貼り付け)

基板はPCBGOGOで注文すれば、凄く安く、かつ早く作ってくれます。

基板に注意点があります。
1.うっかりしていましたが、5V電源のFETスイッチのR17は抵抗ではなく青色LEDを実装してください。基板下側がカソードです。

2.LED1、LED2も基板下側がカソードです。

3.MLX90640は円柱形の根本のタブが下側になります。

※こう言うのをWEBブラウザ上で背景の写真とオーバーレイで表示するJava scriptとか知っていたら教えて欲しい。
m5stack_mlx90640_001.jpg

m5stack_mlx90640_002.jpg二枚目は液晶テレビを撮影。右側に電源が有るのかな?

m5stack_mlx90640_003.jpg


M5Stack Basic

M5Stack Basic

  • 出版社/メーカー: スイッチサイエンス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。