So-net無料ブログ作成

スタック解析ツール(Call Walker) [HEW & HTERM]


H8-MLで教えてもらったのですが、ツールがソースコードから関数の依存関係を解決できないところは、ユーザーがドラッグ&ドロップで解決できるなんてのは、始めて知りました。以前はある程度Call Walkerで解析して、その後手計算をしていましたが、これで随分楽になります。

図のlcd_rootの下のバツ印が元々ツールの自動解析で解決できなかった依存関係で、バツの下にドラッグ&ドロップで持ってきた関数のスタックが表示されています。

まだまだ知らない事が沢山有るなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。