So-net無料ブログ作成

Japaninoで超音波距離計を作ってみる。Maruduinoまたは(◎)の応用編 [ATmarquino Arduino]

Img_1930_s.jpg
Img_1926_s.jpg
Img_1928_s.jpg
超音波センサーを使ってJapaninoで距離計を実現してみました。
計測した対象物までの距離はLCDにて表示を行っています。
電源電圧は5Vです。送信側の振幅をより大きくする為にRS232ドライバーICを流用しています。
40KHzの発振はArduinoのtoneライブラリを使用して発生しています。これを搬送波とする短いパルスを発し、帰って来るまでの時間を計測し、音速≒340m/sから対象物までの距離を計算しています。
音速は周囲温度に依存しますので、実際には温度を計測しながら距離の計算を行うと、もっと良いでしょう。

という訳で簡単なコードを書いておきます。あまり深く考えて記述した物ではないのでご注意を。


#include <LiquidCrystal.h>
#include <avr/io.h>
#include <avr/interrupt.h>

/*************************************************************************/
/* defines                                                               */
/*************************************************************************/
#define  AREF     0
#define  NOT_GND  1
#define  DI13     2
#define  DI12     3
#define  DI11     4
#define  DI10     5
#define  DI9      6
#define  DI8      7
#define  DI7      8
#define  DI6      9
#define  DI5      10
#define  DI4      11
#define  DI3      12
#define  DI2      13
#define  DI1      
#define  DI0      
#define  AN0      14
#define  AN1      15
#define  AN2      16
#define  AN3      17
#define  AN4      18
#define  AN5      19
#define  PWM11    DI4
#define  PWM10    DI5
#define  PWM9     DI6
#define  PWM6     DI9
#define  PWM5     DI10
#define  PWM3     DI12

/*************************************************************************/
/*  global parameter                                                     */
/*************************************************************************/
#define  UltraSonicPin  PWM6
LiquidCrystal lcd(DI2, DI3, DI4, DI5, DI6, DI7);

/*************************************************************************/
/*  prototype                                                            */
/*************************************************************************/

/*************************************************************************/
/*  timer1 output compare match a int handler                            */
/*************************************************************************/
SIGNAL( TIMER1_COMPA_vect )
{
}

/*************************************************************************/
/*  setup                                                                */
/*************************************************************************/
void setup()
{
  lcd.begin(16,2);
  lcd.clear();
  lcd.print( "designed by" );
  lcd.setCursor(0,1);
  lcd.print( "  hamayan." );
  pinMode( DI8, INPUT );
  pinMode( DI10, OUTPUT );
  digitalWrite( DI10, LOW );
}

/*************************************************************************/
/*  main loop                                                            */
/*************************************************************************/
void loop()
{
  digitalWrite( DI10, HIGH );
  tone( UltraSonicPin, 40000 );
  unsigned long startMicro = micros();
  delayMicroseconds( 500 / 8 );
  noTone( UltraSonicPin );
  delayMicroseconds( 500 / 8 );
  digitalWrite( DI10, LOW );
  unsigned long endMicro = startMicro;
  while( digitalRead( DI8 ) == LOW )
  {
    endMicro = micros();
    if( (endMicro - startMicro) > 20 * 1000UL ) break;
  }

  unsigned long distance;
  if( (endMicro - startMicro) < 20 * 1000UL )
  {
    distance = ((340 * (endMicro - startMicro)) / 10000UL) / 2;
  }
  else
  {
    distance = 999;
  }

  lcd.clear();
  lcd.print( distance );
  lcd.print( "cm" );

  delay( 500 );  
}


Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ

  • 作者: 小林 茂
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2010/05/27
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。