So-net無料ブログ作成

H8でLEDチカチカ、、、まずはここからですね。 [HEW & HTERM]

IMG_1428.JPG前回はウイザードを使ってプロジェクトを作成するところまで行いました。今度はLEDチカチカのプログラムを記述し、FDTでH8マイコンに書き込んで動かしてみるところまでやります。



hew_image_30.png HEWのエディタ画面にsample.cを開き、関数mainの中にLEDチカチカのプログラムを記述します。

簡単なプログラムであり、画面に写っているコードが全てです。

記述したらビルドを行います。ファイルメニューの「ビルド(B)」→「ビルド(B)」でこのプログラムを含む全体の構成ファイルがビルドされ、最終的にH8マイコンに書き込むsample.motが出来上がります。

※Warinigが出ていますが気にしないで下さい。



次に出来上がったsample.motをH8マイコンに書き込む為、FDTを起動してください。
※H8マイコンとはUSB/シリアルで接続しています。今回はCOM9になっています。
実際に使用するCOMポート番号は事前にデバイスマネージャー等で調べておきます。
hew_image_20.png FDTを起動するとこのダイアログが開きますので、「新規プロジェクトワークスペースの作成」を選択してOKします。

2回目からは、下の2つのチェックマークのどちらかを選んで進みます。
hew_image_21.png ワークスペース名やワークスペースの保存先等を適当に書き込んでOKします。
hew_image_22.png 今回はH8/3694Fを使用します。
hew_image_23.png 使用するCOMポートを選択します。
hew_image_24.png H8マイコンに入力されているクロックの周波数を設定します。

※最近のOne chip マイコンは大概マイコン内部にCPUクロックの発振メカニズムを持っていますので、外部にクロックが必要と言うこう言った所にH8マイコンの設計の古さを感じてしまいます。確か最初の設計は20年前位じゃあなかったっけ?。
hew_image_25.png Boot Modeを選択してOKします。
hew_image_26.png ここもデフォルトのままで「完了」ボタンをクリックします。手数は多いですが別に難しくは無いですね。
hew_image_27.png ファイルメニューから「FILE(F)」→「データファイルを開く(L)」で先程作成したsample.motを読み出します。

読み出しが完了すると右のペインにダンプリストが表示されます。
hew_image_28.png 「デバイス(D)」→「デバイスとの接続(C)」でH8マイコンとの通信を開始し、H8/3649Fの場合は書き込みプログラムがマイコンに転送されます。

※事前にH8マイコンをBoot Modeで起動するように設定しておきます。手順は、ポート8のbit5(P85端子)をHi、NMI(NMI端子)をLoにした状態で電源を投入(またはリセット)します。
hew_image_29.png 「デバイス(D)」→「対象ファイルのダウンロード(L)」でH8マイコンに先のsample.motの転送を行います。

成功すると図の様になります。

成功したならば、接続を解除します。「デバイス(D)」→「デバイスとの切断(D)」で行います。

※もし失敗して書き直しが必要な時は、電源の再投入からやり直してください。



hew_image_31.png ポート8のbit0に図の様にLEDを接続します。私のところでは高輝度タイプのLEDを使用したので電流制限抵抗が大きめですが、実際に使用するLEDに合わせて抵抗値を加減する必要があります。

※このH8評価基板には初めから基板上にLEDが実装されています!。冒頭の写真の基板の右上辺りで光っているLEDがそれです。

※最近のOne Chipマイコンではシンク(引き込み)もソース(吐き出し)もLEDを駆動するには十分な能力が、しかも全ポートに備わっている物も多いのですが、H8マイコンではLEDを直接駆動できるポートは限られてしまいます。また、シンクは10mAとか20mAとか引き込めるのですが、ソースは根性無しです。やはりこう言った所にも設計の古さを感じてしまいますね。




「C言語でH8マイコンを使いこなす」は是非ご一読頂きたい本です。目から鱗です。

C言語でH8マイコンを使いこなす

C言語でH8マイコンを使いこなす

  • 作者: 鹿取 祐二
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本



H8マイコン完全マニュアル

H8マイコン完全マニュアル

  • 作者: 藤沢 幸穂
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

noritan

深夜、ピンクの照明の下でプログラミングですか?

マイコンの全ポートにLEDを駆動できるほどの能力が必要かというと、用途によっては必要の無い場合もあるのではないでしょうか。電流供給能力を増すためには、とにかくシリコンの面積が必要なので、過剰な電流供給能力はコスト上昇の原因になったりします。
あまり強くしすぎて、インピーダンス不整合による「反射」が発生するような場合もありますので。

by noritan (2009-06-05 08:48) 

hamayan

> 電流供給能力を増すためには、とにかくシリコンの面積が必要なので

なるほど、デバイスを開発、生産、販売するサイドから見れば、必ずしも大電流が良い訳ではないのですね。

ただ、こう言ったところが最近若干H8が敬遠される一因にもなっている様で、専用ポート以外のポートはシンク(1.6mA@0.6V)もソース(-1.5mA@VCC-1.0)も厳しいな!と言う状況です。

多分この辺はルネサスも意識していると思います。後発のR8Cはドライブ能力が随分向上されていますから。

by hamayan (2009-06-05 09:21) 

hamayan

> ピンクの照明

深夜でしたので、お色気と言う事で。







デジカメの撮影モードを間違った事は内緒に!シーーーッツ。

by hamayan (2009-06-05 09:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。