So-net無料ブログ作成

「オープンソースハードウェアセミナーVol1」レポート ArduinoとEther Shieldの3.3V化計画 [ATmarquino Arduino]

chip1 Stopからいらした方、Arduino関連カテゴリをお試しください。http://hamayan.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300498101-1

まあArduino Duemilanoveデュ、デュラムセモリナ(読めん)ボードには色々換えたい所が有るのだけれど、まずは最も基本となる「電源電圧を3.3Vに変更してみた!」です。
なお、ここから書いてある事はまったくもって人にお勧めできません。同じ事をやって、とんでもない事になってしまっても私は関知しませんです。

作業の流れとしては、Arduino Duemilanove上に搭載されているFETと5Vレギュレーターを外します。
同様にEthernet Shield上の3.3Vレギュレーターを外します。この外したレギュレーターはArduino Duemilanove上に乗せ換えます。
元FETのパッドと乗せ換えたレギュレーターの入力の間にダイオードを挿入し、USBからの電源をバイパスさせます。
Ethernet Shield上の3.3Vレギュレーターのパッド間をショートしてこの作業は完了です。
Img_1419.jpg 半田鏝は2本用意します。2本用意できない場合は、もう一本買ってからチャレンジして下さい。
Img_1420.jpg FETやレギュレーターのタブとリードを2本の鏝で同時に暖め、半田が緩んだところで横にずらすようにしてこれら部品を外してしまいます。 この時タブやリードにたっぷり半田を上乗せすると半田が冷え難くなり、作業が容易になります。 ※最後は吸い取り線でパッドを綺麗にして置きます。
Img_1422.jpg Arduino Duemilanove上にEthernet Shieldから外したレギュレーターを実装します。
Img_1423.jpg FETの真中のリードパッドとレギュレーターの3pinの間にダイオードを挿入します。カソード側がレギュレーターになります。
Img_1424.jpg Ethernet Shield側も写真の様に処理をして置きます。



一応電源電圧等をテスターで確認、また適当なサンプルスケッチを動かして無事動いている事を確認できればこの作業は完了です。
お疲れ様でした。

なんでわざわざ5Vで動く物を3.3Vにするかと言えば、最近は動かしたい物がすっかり3.3Vデバイスで集められており、「今更5Vなんて、、、」って感じなのですよね。
まあW5100は5Vトレラントなので5Vでも動くのですが、XBeeは3.3V厳守、パスワールドのグラフィックLCDも3.3V、あと手持ちのNaPiOnがやはり3V動作品だったり。

今回の改造であの訳の判らない電源切り替え回路は無効となっているので、USBではなく外部電源を使用する場合は5V位から選べる事になります。

従来は外部電源として適正かつ実際的な電源電圧は9V程度必要でした。
それでEthernet Shieldと合体した場合、Arduino Duemilanove側の5Vレギュレーターがアッちんちんになっていましたが、今回は電力を無駄にレギュレーターで消費しなくても良くなったので大分温度が下がっております。実にエコですね。

※貼るの忘れていた。

Arduinoモニタープログラム参加中
電子部品・半導体の通販サイト - チップワンストップ




Arduinoをはじめよう

Arduinoをはじめよう

  • 作者: Massimo Banzi
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

きぃたん

>なんでわざわざ5Vで動く物を3.3Vにするかと言えば、
私はArduino Pro派
3.3V版を使ってます。
安いから気軽に使える
Gainerに比べてプログラムがつらいと思ってたけど
段々慣れてきた

by きぃたん (2009-05-28 17:53) 

hamayan

普通にCとかC++なんで、私にはこっちの方がとっつき易いだろうなぁ。

by hamayan (2009-05-28 22:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。